ツヅキネーゼの御用達

LOHAS studio (OKUTA)

自分らしいスタイルで横浜・都筑の生活を楽しむ素敵な女性~ツヅキネーゼ【vol.17 SAORIさん おすすめのお店 LOHAS studio】ハウスクエア横浜2階にあるLOHAS studioは、自然素材を使ったリフォームを提案する㈱OKUTAの展示場です。外観にはリネンやドアノブなどのインテリア小物が販売されていて、一見お洒落な雑貨屋さんを思わせる雰囲気ですが、入口から靴を脱いでスタジオに上がると、とても広くて、素敵な一軒のお宅に訪問したような温かさを感じる空間が広がります。

店長の鈴木さんに、ロハスが行うリフォーム内容をお尋ねすると「自然素材を使うことによって私たちが一番大事にしているのは、空気感です。これは、塩化ビニールクロスや合板フローリングを使用した時、これらに含まれる化学物質から発生する匂いがない、体に優しい内装の提案をしています。」

もともと会社としてスタートした時は、自然素材を専門に扱ってはいなかったそうですが、シックハウスの方が来店され、その方々に対応できる家つくりを考えているうちに、自然素材に行きつき、現在の会社のスタイルのきっかけの一つになったそうです。「先日もOKUTAでリフォームしたお客様から、家に帰ると木の香りがして心地よかったと言っていただきました」

実際自然素材として使用しているのは、EM菌を使った珪藻土や、無垢材、エコクロスなどだそうです。
ハウスクエア横浜店のスタジオは、リビング・キッチン・和室も作られている、本当の家のような空間で、自然素材を実際に体感することができます。珪藻土の壁は、調湿効果や消臭効果に優れているとのことで、珪藻土の壁が吸湿・放出する様子は、霧吹きで壁に水を吹きかけて、実際に見せてくださいました。無垢材の床は、素足で歩くと、木のやさしい触感が、とても居心地良いことを実感できます。

「家をリフォームすることによって提案しているのは、どのように住まいたいかというライフスタイルです。最初から明確なイメージを持っているお客さまもいますが、漠然としたイメージのお客さまには、日常の生活をじっくりお聞きして、施工例を見ていただいたり、現地見学ツアーに参加していただく中で、お客さまの心の中にあった「こんな風に住まいたい」という気持ちを、汲み出していくお手伝いをしています。そのためには、お客さまとの打ち合わせに時間をたっぷりかけるのが、OKUTAの特徴です。」
住まう人の気持ちを第一に考え、プロの目線と技術がその気持ちを上手に引き出して、形にしていってくれるのだろうなと、お話を伺いながら感じました。

「家は、建てたりリフォームすれば終わりではなく、住まう方にとっては、長くつきあっていくもので、その中で困ったりしたときは、オクタを思い出してほしいというのが、私たちの願いです。様々なライフシーンで住まいを守り、生涯のお付き合いをさせていただくために、「OKUTA LOHAS CLUB」というユーザーサポートシステムを立ち上げ、メンテナンス全般、クリーニング、庭の手入れ、極端なこといえば、網戸一枚の交換からでも承っています。家のことに関して、生活に一番近い存在でいたい。家というものを通して、出会ったお客様との、人と人としてのつながりを大事にしていきたいと思っています。」と鈴木さん。

LOHAS(健康と地球環境を意識した持続可能なライフスタイル)という考えのもとで自然素材を使い、家という媒体の中で、人との出会い・つながりを大事にするOKUTA LOHAS studio

リフォームを考えている方も、そうでない方も、雑貨を見るもよし、スタジオの見学で体感するもよし、一度心地よいLOHAS studioハウスクエア横浜店にぜひ足を運んでみてくださいね。

 

LOHAS studio (OKUTA)を紹介してくださったSAORIさんのインタビューページはコチラ
>>ツヅキネーゼvol.17 SAORIさん

 

外観外観店長 鈴木さんロハススタジオ内ロハススタジオ内ロハススタジオ内外観展示

◆◆ 連絡先 ◆◆
所在地:〒224-0001 横浜市都筑区中川1-4-1 ハウスクエア横浜2F
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅 徒歩約3分
TEL:045-914-5222
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日

オクタ ロハススタジオHS横浜店 Facebookはこちらから
http://www.facebook.com/LOHASstudio.HSyokohama

オクタ HPはこちらから
http://www.okuta.com/
http://www.okuta.com/pc/studio/h_yokohama.html

いのちの木

自分らしいスタイルで横浜・都筑の生活を楽しむ素敵な女性~ツヅキネーゼ【vol.16 フォトグラファー 五十嵐理恵子さん おすすめのお店 いのちの木】横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅から徒歩3分ほどのせせらぎ緑道にむかう遊歩道にある「いのちの木」は、ワークショップを中心とした北欧風カフェです。(2012年7月オープン)

五つのパン理事の岩永さんは、いのちの木から徒歩1分ほどのところに「マローンおばさんの部屋」という精神障害の方の地域活動支援センター&コミュニティカフェを運営しています。
「いのちの木」をはじめようと思ったきっかけや、お店のコンセプトなどを伺ってきました。

マローンおばさんの部屋は、障がいをもつ方に、製本やカフェの仕事などの作業を行ってもらい、日中の活動をサポートする施設です。服飾パターンナーである義理の母が、当時私がこの施設をはじめたことをすごく喜んでくれました。自分の技術を障がい者に教えて役にたてればと願っていたのに、病気になって実現できませんでした。
この母の思いが元にあって、シニア世代と障がい者が結びつきながら、お互いの良いところを引き出し、良い商品を作っていければとずっと思っていました。
お店をはじめようと実際に動きだすと、すばらしい職人やアーティストたちと出会い、シニアに限らず『職人の本物の技』を継承していくもの作りを、障がい者の仕事にしていけたらいいな。そしてその場所を提供していきたいという思いが固まってきました。
そして、プロを育成しつつ、プロの技に触れあえるワークショップをやって、ここに来た人がくつろいで本物と触れあえるようなカフェやショップのあるお店にしようと、いのちの木のスタイルが決まっていきました。」
実際にプロを養成していくのは、製本職人や、革職人。製本は美篶(みすず)堂という製本の老舗に、革は鎌倉在住のクルスカというアーティストに依頼し、マローンおばさんの部屋で研修を積んだ後、職人を目指したい人を育成していくそうです。
>> 美篶堂HP 
>> クルスカHP 

ワークショップは、レジン(樹脂)によるアクセサリー作り、カリグラフィー(イタリック体の書き方)、コーヒーソムリエによるおいしいコーヒーの入れ方、布小物作家Lydiaさんによるミシンを使ったもの作り講座など、今後開催していく予定です。「職人をめざさなくとも、一般の方にプロの技にふれてもらうきっかけになり、楽しんでもらえるとうれしいです」

ショップでは、北欧直輸入の小物の販売や、アーティストや職人さんとで企画した商品の販売などを予定しています。
どちらかというと物を使い捨てにしがちな中で、かつての良き日本がもっていた「物を大切にし、壊れたら修理して大事に使い続けていく文化を再現して配信していきたい」との思いがこもっているそうです。

カフェでは、厳選されたコーヒーを柱に、コーヒーソムリエプロデュースによるコーヒーを月代わりで提供していくほか、紅茶、ハーブティ、ケーキが主なメニューになります。
ドラマの撮影などでよく使用される、高い木々に覆われたこのお洒落な通りを店内カフェから眺めていると、本当に落ち着いた気持ちになります。
仲町台は若い人、子育て世代が多い地域ではあるけれど、「シニアの方に安心して訪れてもらって、くつろいでほしい」と、心から願っているとのことでした。

「多くの方に本物に触れてほしい。そして、その本物を長く継承していくスタイルを発信していきたい」という思いがすべてにおいて反映した「いのちの木」。
本物との出会いが、いのちの木には待っています。是非ワークショップで、カフェで、ショップで体験してみてくださいね。

 

いのちの木を紹介してくださった五十嵐理恵子さんのインタビューページはコチラ
>>ツヅキネーゼvol.16 五十嵐理恵子さん

 

岩永さん

革用ミシン店内店内店内から外をのぞむ店内外観

◆◆ 連絡先 ◆◆

所在地:〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1-32-21 アルス仲町台せせらぎ公園壱番館102号室
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン 仲町台駅 徒歩2分
TEL: 045-947-1778
FAX: 045-947-1779
公式HP:http://www.inochi-no-ki.com/

パンオミエル pain au miel

自分らしいスタイルで横浜・都筑の生活を楽しむ素敵な女性~ツヅキネーゼ【vol.16 フォトグラファー 五十嵐理恵子さん おすすめのお店 パンオミエル】2011年5月にオープンした「パンオミエル」は、仲町台駅徒歩2分にある遊歩道に面したお洒落なパン屋さん。お店の前に置かれているテラス席は、ヨーロッパを思わせる雰囲気が漂います。そしてこの素敵な店先は、おいしいパンをお昼ご飯にするお仕事中の方、パンとともにお喋りを楽しむ子連れママたちなどの憩いの場になっています。

パンオミエルというかわいらしいお店の名前。「ミエル」というのは、元々フランス語で『はちみつ』という意味で、はちみつのような甘いパン屋を目指して、オーナーシェフ高山さんの奥様が考えた名前だそうです。そのはちみつは、実際高山さんが作るパンの多くに使われています。フランスパンは、はちみつを入れることにより、皮が薄くなって中はしっとりして、とても食べやすくなっているとのこと。食パンとともに高山さんのご自慢のパンで、人気の商品になっているそうです。
記者のこども(小学1年)は、普段フランスパンは「皮が固い」と食べないのですが、パンオミエルのフランスパンを食べて「おいしい」と大好評でした。

他にもお勧めのパンをお聞きしたところ「クロワッサンや、フランスパンを使ったオリーブ味やチーズ味のパンもお勧めしたいのですが、クロワッサンのようなデニッシュ系は夏場は湿ってしまいます。これからの季節、皆さんが食べたくなるようなかんきつ系や辛いものなど中心に出していきたいと、期間限定の商品を考えているところです」お勧めはもちろんですが、季節に応じて作られるパンも味わってみたいですね。
昨年の夏、その場でアイスクリームを挟んでもらうというパンの種類があり、記者もお店の前の椅子に座っていただいたのですが、これが本当においしかったのです!それで今年も商品として出してくださいねとお願いすると、「今年はさらにバージョンアップしたもので考えています」とのうれしいお返事。夏の楽しみが一つ増えた気持ちです。

「高いパンを売るのは、好きではない」と力強くおっしゃる高山さん。「特に菓子パン(あんぱん、クリームパン、メロンパンなど)は、今後も続く限りは130円で提供していきたい。」買う側にとっては、リーズナブルな価格はうれしい限りですが、お商売として大丈夫なものかと、いささか余計な心配でおたずねすると、「ここ仲町台は、安ければいい。というお客さんの雰囲気ではない気がします。品質の高いものを求めている。なので、もちろんパンに使用するのは、品質のいい、納得する素材を使っています。でも、値段は極力抑えて、納得して喜んでもらえるようなパン作りを目指しています。お客さんの気持ちを考えて、喜んでもらえることが大好きなんです。
パンは特別なものではなく、日常に食べるものだから、多くの人に食べてもらいたい。地域の皆さんの生活の一部になれることが望ましいです。」
「小さいころから工作などが大好きで、パン作りはその延長の趣味みたいなものです」と、ふんわりとした雰囲気でおっしゃる高山さん。でも単にパンを作ることが好きなだけではない、パン作りでお客さんに喜んでもらいたいという熱い気持ちが、人々に愛されるパンを生みだしているのだろうなと、感じました。

店内のパンの陳列は、平台のパン置き場にしてあり、お客さんが見やすく選びやすいようになっています。また、ガラス張りの調理室は、お店と一体化させたオープンな感じに作られており、作る場を隠さないという、高山さんのこだわりだそうです。このことにより店内はとても明るく落ち着いた感じでいながら、パンが焼きあがってくる様子などが生で見られる、わくわく感も生んでいるような気がします。

パック入りの飲み物は以前から店内で販売していたのですが、「是非コーヒーの販売をしてほしい」とのお客さんの要望を受けて、最近マシーンによる一杯点てのコーヒーの販売が始まりました。
常にお客さんの立場を考え、お客さんへの愛情がいっぱいこもった、高山さんオリジナルのたくさんの種類のパン。ご家庭で、また作りたてのお店の前で、召し上がってみてはいかがでしょう。

 

パンオミエルを紹介してくださった五十嵐理恵子さんのインタビューページはコチラ
>>ツヅキネーゼvol.16 五十嵐理恵子さん

 

店内

パンと店長奥様店内と作業場入口中から外をのぞむ店内パン各種外観

◆◆ 連絡先 ◆◆
所在地:〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1-24-21 ファインズターヌ1階
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン 仲町台駅 徒歩2分
TEL:045-532-3854
営業時間:8:00~18:30
定休日:火曜日(第1,3月曜日お休み)

POLA THE BEAUTY 港北ニュータウン中川店

自分らしいスタイルで横浜・都筑の生活を楽しむ素敵な女性~ツヅキネーゼ【vol.15 あっとほーむ 小栗ショウコさん おすすめのお店 POLA THE BEAUTY 港北ニュータウン中川店】横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅から徒歩2分にあるポーラザビューティ。お店の自動扉があくと、女性スタッフが温かく出迎えてくれます。

白い壁と、床に置かれている花々、そして、大きな窓から日差しの差し込む店内は、ここにいるだけで、穏やかな気持ちにさせてくれます。

中川駅前のイベントのときに出会ったことがきっかけで、小栗さんが通うようになったという中川店の高見さんに、お店のことをうかがいつつ、エステの体験もしてきました。

まずお店に来店された方は、どんなことをするのですか?
「ご希望の方に、スキンチェックをしていただきます。これは、ポーラ独自の研究所での本格的な診断によるため、細胞レベルでお肌の内部までみることができるんです。結果が出るには1週間くらい必要ですが、お客様の過去、現在、そして未来のお肌の状態までわかるんですよ。」
過去どんなお手入れしていて、この先どんなお肌になるかわかるなんてとてもすごいですね。でも日々手入れもほとんどせず、日光にもガンガン無防備にあたっている記者にとっては、知るのが怖くもあります。

スキンチェックは、お客様の肌に対するお悩みなどを聞いて、お客様の本当の肌を知っていただくことが目的なんです。もちろん、お時間の無い方にはお勧めしませんし、お化粧品だけ買っていく方、エステだけうけられるお客さまもいます。決して無理にお勧めすることはありません。」
しかしこのお肌診断、無料で受けられ、現在の自分の肌にもっとも適するよう配合された個肌対応の化粧品サンプルが初回はいただけて、約1週間お試しすることができるそうです。

ポーラザビューティは、化粧品の販売だけではなく、エステも受けることができるとのこと。「ポーラは、『はだ・こころ・からだ』をトータルケアで高めていくことが大事と考えています。お肌本来の美しさを引き出すためには、エステでのスペシャルケアだけでなく、日々のお手入れ方法などもアドバイスさせていただきます。エステをするときには、まず足のマッサージから始めて、デコルテ中心にリンパの流れに沿ってマッサージを行うことで、全身の血行を良くします。お肌の状態に合わせたパックを行い、その間に手のマッサージも行います。こうしてトータルエステ(ホリスティックエステ)を行うのですが、ポーラの良いところは、独自の研究所で開発した化粧品を使用しているので、敏感な肌の方などにも対応でき、高品質なエステが無理なく続けられる価格設定です。」
ついエステは、値段が高くて敷居が高いと思ってしまいがちですが、3回または6回のコースがあり、生活スタイルに合わせて選べることができると聞くと、安心して受けることができますね。

では、さっそくエステ体験です。

部屋に案内され、上の洋服をガウンに着替えて肩が見えるようにします。エステベッドに座ると頭や足の高さを調整していただき、室内の明かりも落とすと、眠りに誘われそうな、心地よい体勢になります。
石膏パック

足のマッサージから始まり、顔のクレンジングの時には、お手入れや力加減など、日々役立ちそうなアドバイスをいただきました。

デコルテ・顔を洗浄、マッサージ後、悩みに合わせたパックをのせていただいている間、気持ちよさから、案の定眠りの世界に入ってしまいました(笑)。終わった後の顔を鏡で見ると、確かに頬のあたりが上に引きあがって、うれしい限りです。「一回で効果を実感していただけるエステなんですよ」とのことでした。

施術の後は、希望すればお化粧もやっていただけるとのことだったので、日頃やらないアイメークや、口紅も似合う色や好みの色を聞いてもらいながらやっていただきました。

最後に、中川店の特徴をおたずねすると、「とにかく地域密着であることを大事にしています。都筑区は安定して穏やかに過ごされている方が多いですね。ママたちや働く女性たちには、いつもきれいでいてほしい。お客様がきれいになって、周りの方に褒められたと喜んでもらったりすることが、スタッフの喜びです」と笑顔で語ってくださった高見さん。

お客さまの喜びを、本当に自分の喜びと思えるスタッフのみなさんの気持ちが、ご自身たちも美しく、そしてお客さまのこともきれいにしてあげられる源(みなもと)なんだなと深く思いました。

女性の美しくありたいと思う気持ちを、外見・内面からもサポートしてくれる「POLA THE BEAUTY 港北ニュータウン中川店」へ、ぜひ皆様も一度足を運んでみられてはいかがでしょう。

 

POLA THE BEAUTY 港北ニュータウン中川店を紹介してくださった小栗ショウコさんのインタビューページはコチラ
>>ツヅキネーゼvol.15 小栗ショウコさん

 

スタッフ店内カウンセリング中

◆◆ 連絡先 ◆◆

所在地:〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-11-25 シーアイマンション港北中川1F
最寄駅:横浜市営地下鉄 ブルーライン 中川駅前 徒歩2分
電話番号:045-479-1465
営業時間:10:00~18:00
定休日:日祝日

POLA THE BEAUTY 港北ニュータウン中川店 HP
http://www.pola.net/pb_kohokunewtownnakagawa/

POLA 公式HP
http://www.pola.co.jp/

ほっとカフェ中川

自分らしいスタイルで横浜・都筑の生活を楽しむ素敵な女性~ツヅキネーゼ【vol.15 あっとほーむ 小栗ショウコさん おすすめのお店 ほっとカフェ中川】「ほっとカフェ中川」は、横浜市営地下鉄ブルーライン「中川」駅から徒歩1分ほどのところにあるスポーツクラブ『パレット中川』の1階にあります。
一見普通のカフェなのですが、実は地域活性の熱い思いが詰まってできたコミュニティカフェなのです。。

15年ほど前までは活気にあふれていた中川駅前の商店街。ところがセンター南や北駅前に次々に大型スーパーや商業施設が建ち、買い物客がそちらのほうへ流れるようになりました。そのため空き店舗が目立ち、人通りがめっきり少なくなった中川の駅前。

『もっと楽しく、人のつながりのあるまちにしたい』と、2009年にぐるっと緑道・遊歩道研究会が主催した「中川まちつくりシンポジウム」が開かれました。
中川の人が今、まちに求めているものは何だろう?議論の中で出てきたのが『人がちょっと集まれるようなカフェがこのまちにはない』ということでした。
カフェをやるのなら、自分たちの手で、自分たちの希望に沿うようなものを作りたい。そのためには、コミュニティカフェではどうだろう。ということで話が進んでいきました。

そこで、実際に行われているコミュニティカフェを視察に行って見えてきたのが、「資金(地権者による場所の提供)と人の確保」という課題。この課題を克服することが、カフェオープンのカギ。という見当がついてきたところ、まず資金という面で、ぐるっと緑道研究会のメンバーであり、パレット中川のオーナー(大久保さん)が、パレット開店2周年のイベントとして、カフェをやるつもりでいたところを、コニュニティカフェとして提供してくださることになりました。場所が決まったことで急速にカフェオープンは具体化していきました。今度は人の確保ということで、今年(2011年)の6月、実際にどんなカフェにするかを決めていく実行委員を募りました。

集まったメンバーで、まずカフェのねらい「1.地域の人々のつながりを持つ 2.中川の活性化」を明確にし、そのうえで4つのコンセプト「1.誰でも参加できる 2.健康に配慮した飲み物・食べ物の提供 3.リーズナブルな価格 4.近隣の商店街との連携」を決め、お店の内観やメニューを検討していきました。

7月にはお店で仕事をしてくれるボランティアスタッフを、中川中心にビラ配りをしたり、ポスティングで募集しました。集まったのは大学生から70歳くらいの方まで、なんと25人ほど!他の地域では考えられないたくさんの人数が集まってくれたそうですが、皆さん「中川にカフェが欲しい。まちを活気づけたい」と、目的に共感して参加してくれたそうです。

そして10月1日「ほっとカフェ中川」が晴れてオープンしました。営業日はボランティアさんの都合のよい時間を聞き、シフト制であたります。

シンポジウム当初から代表を担ってきた塩入さんは「今後は、『今日のボランティアは○○幼稚園のお母さんの日、今日は職業体験の中学生の日』など、ボランティアさんの特化した日なども作り、さまざまな人が集まって、運営に興味を持ってくれる方がもっと増えると良いなと思っています。 また、知らない方同士が集まっても、イベントなどを通してだとおしゃべりして顔見しりになれます。そんなイベントを多数開催して、地域の人の憩いの場でありお店を継続していくことで、中川の活性化に一役かっていけることを目指しています。」
とても温和な、にこにこした笑顔で語ってくださる塩入さん。

実行委員として深く関わっている小栗さんは「このほっとカフェが実現できたのは、塩入さんたちぐるっと緑道メンバーの『中川を良くしたい』という強く熱い、ぶれない思いが、人の心を動かし、私も含めて自然に人が集まって現実のものとなったんですよ。」

人の熱い思いというのは、周りの人を動かし、困難なことでも克服していけるのだと、教えてくれた気がします。

では、こだわりであり、地元産を集めたほっとカフェ自慢のメニューをご紹介しましょう!

◆◆ MENU ◆◆

★食べ物

  • てりたまバーガー
    • 中川のパン屋さん「ジューンベリー」が作るほっとカフェ中川のオリジナル
  • パウンドケーキ
    • つづき地域活動ホーム「くさぶえ」で作られたしっとりケーキ

★飲み物

  • フレッシュ野菜ジュース
    • 鴨居で採れた無農薬野菜と果物を絞った、自慢の限定商品。
  • ホットコーヒー
    • センター南「まめや」の豆使用
  • みかんジュース
    • 温州みかん100%使用で、コクがあるがすっきりしたお味

コーヒー、紅茶のミルクは豆乳に変更できたり、他のメニューもご用意しています。今後メニューは、ますます充実していく予定とのことでした。

また、お店に併設している棚ショップでは、地元で活躍する個人・グループの素敵な商品の販売も行っています。この棚ショップを楽しみに、カフェに訪れてくれる人もいるとのことです。こちらもあわせてご覧になってください。

正当派でありながら、気軽に立ち寄れる「ほっとカフェ中川」。お昼ごはんに、お友達とのおしゃべりに、是非ほっとカフェ中川に立ち寄ってみてくださいね。

 

ほっとカフェ中川を紹介してくださった小栗ショウコさんのインタビューページはコチラ
>>ツヅキネーゼvol.15 小栗ショウコさん

 

棚ショップ

塩入さんとボランティアさんテラス席店内
ピザトーストと抹茶ラテ棚ショップ店内

◆◆ 連絡先 ◆◆

【 ほっとカフェ中川 】
所在地:〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-18-5
(フィットネスハウス パレット中川 1F)
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅 
TEL:070-5545-8107
営業時間:10:30~17:30
定休日:木曜日 
公式HP:http://cafenakagawa.web.fc2.com/

【 パレット中川 】
所在地:〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-18-5
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅 
TEL:045-915-7702
営業時間:平日  7:00~23:00
営業時間:土曜  9:30~21:00
営業時間:日祝  9:30~20:00
休館日:木曜日 
公式HP:http://fh-palet.co.jp/

【 つづき地域活動ホーム くさぶえ 】
所在地:〒224-0014 神奈川県横浜市都筑区牛久保東1-33-1
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン センター北駅 徒歩8分
TEL:045-590-5778
FAX:045-590-5779
公式HP:http://www.e-kusabue.org/

センター北ナビ

広告募集