高橋住宅センター(株)

複雑な権利関係もスマイルでときほぐす、まちの不動産コンサルタント企業です。

港北ニュータウンの審議員時代も含めて、農家から不動産業への事業転換をする中で、30年以上の長きにわたり地元の発展につくされてきた高橋住宅センター。地元に密着したきめ細かい情報網と、新しい時代に即した専門知識、サービスは、一般の賃貸住宅仲介だけでなく、不動産コンサルタント業務にも活きています。

 

高橋満取締役にお話を伺いました。

 

創業36年ですか、古くから営業されていらっしゃいますね

もともとは南山田の徳生谷戸(現在の徳生公園周辺)の農家です。ニュータウン開発での農地買収で農家からの転身を図った父(高橋良雄現社長)が起こしました。堀之内(東山田駅付近)に店舗があったのですが1998年現在の場所に移転しました。私自身は大学卒業後、銀行員として名古屋勤務それも外国との営業が続いていたので国内のことも不動産業も全く未知の分野でした。96年に銀行を辞め家業を手伝うことになったわけです。

 

子供の頃から住んでいた土地に戻って新しい分野に挑戦されたわけですね

宅建の資格をとることから始めました。ただ、小学校、中学校、高校と都筑区内のでしたので、土地の歴史や特に高校(川和高校)での先輩後輩といった地元でのつながりなどが今に活きていることは重要ですね。

 

賃貸仲介より不動産コンサルタント業務が主だっている?

賃貸物件も多数手掛けていますが、ネットでの検索が主流です。売買物件はコンサルタント業務の中から浮上することも多いです。
例えば、今でも多く残る区画整理の入らなかった土地や不動産には、複雑な権利関係や借地権、相続など込み入った問題を抱えるところが少なくありません。これらには大手の会社では対応しきれないものがあります。そんな時に地元密着の我が社の存在感が発揮されるわけです。「不動産のよろず相談所」といっています。

 

想像するに、ドロドロした現場にも立ち会うこともおありでしょうに、その柔和な笑顔を維持するのは大変でしょう

困難な現場ほど笑顔を絶やさず、どなたにも納得していただけるよう、きっちりと丁寧に調整することを心がけています。じつは、ファイナンシャルプランナーの試験問題作成にも関わっていたこともあるので、お金の面からのアドバイスも得意です。ケースによっては、税理士、弁護士とも連携することもありますし、つねに最善の方法を探っていくことが方針です。

 

商業振興会や町内会でも活躍されていますね、まちづくりにも積極的で

まだ若いので(笑)実動部隊ですから。振興会では会計補佐を担当しています。毎回セン北まつりでの協賛者掲示板(花掛け)づくりに苦労しています。町内会では総務を担当しています。

この都筑区は衣食住がうまくバランスがとれていると思います。どこか1つが崩れても大きく崩れないで新陳代謝が起こるような活力のあるまちを目指したいですね。というので休みの日にはあちらこちらのまちを見学しています。例えば「吉祥寺のまちづくりの手法を探って」みたいに。

 

最後に高橋さんおすすめスポットを教えてください

よく、お客様との打合せのお遣い物に「レジオン」の焼き菓子を持っていきます。デパートやショッピングモールが開く前の9時にはお店が開いていることもありますが、あそこの生クリーム系のお菓子も好きなんです。
お店ではないけれど、会社の近所の「モミジバフウ並木通り」の風景も好きです。秋の紅葉の写真を撮るのですがなかなかうまく撮れないんですけれど。

 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

スマイルの印象的な、とてもフレッシュな人材がこのまちには存在していて、しっかりとまちづくりを支えていることを知りました。

 

高橋住宅センター株式会社
045-591-3535
都筑区センター北 不動産屋FPのブログ
【りあるエステート・まちの不動産屋さん】

〒224-0014
都筑区牛久保東1丁目32−40 メゾンピュールII 1階
営業時間: 午前9:00~午後6:00
定休日: 水曜日
公式サイト: http://www.tjc.jp

コメントは受け付けていません。

会員リスト
PR

広告募集