teradamiho

一本の線からはじまる物語

毎月華やかに空間を彩るロビー展示。

8月はその繊細な線が生み出すとても暖かみのある色鉛筆画の作品です。

月替わりで展示されます、センター南の横浜銀行港北ニュータウン南支店様のロビー展示は毎回好評です。

 

 

8月3日㈪から展示がはじまります色鉛筆画の作品は、港北東急SC内港北カルチャーセンターで講師をされています長岡様。

 

 

細かい一本一本の線からこんなにまでリアルに、そしてそのモチーフから漂ってくる物語さえも垣間見えるようです。

 

 

何気ない日常のひとこまに安らぎを感じさせてくれます。

 

 

いつも撮影にご協力ありがとうございます。

左から、作者の長岡様。

中央、横浜銀行港北ニュータウン南支店 支店長 富井様。

右側、副支店長 村木様。

長岡様が所属しています現代色鉛筆画協会の協会展が8月19日㈬から25日㈫まで

横浜そごう9階 ギャラリーダダにて協会展が開催されます。

横浜そごう

ギャラリーダダ

 

長岡様の現代色鉛筆画ロビー展示は8月31日㈪まで

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

 

 

和紙の持つ暖かさ

7月のロビー展示は「和紙ちぎり絵の会」のみなさん。

 

横浜市営地下鉄センター南駅下車。

駅からすぐの横浜銀行港北ニュータウン南支店様の月替わりのロビー展示。

 

和紙をちぎった時に出るその羽毛立ちや風合いを生かして、それをまるで絵の具のように塗って重ねたかのような作品は、少し離れてみますと水彩画のようにも油絵のようにも見えます。

 

 

繊細で美しく、そして一本一本の線や景色を作り出す表面の色の出具合に、暖かみと作者のみなさんの思いが込められているように感じます。

 

ちぎった紙から人の手によってこんなにも立体的な作品になる絵画を、ぜひ直接ご覧になってみてください。

 

 

和紙ちぎり絵の会のみなさんの作品展示は7月31日㈮まで。

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

 

 

目標を持ち、登り続けて撮り続けた作品

次回6月のロビー展示のお知らせは、少し早めに更新しました。

新型コロナウィルス感染拡大防止により、5月のロビー展示のお知らせはありませんでしたが、再び素晴らしい作品をみなさまにご紹介することができ嬉しく思います。

 

横浜市営地下鉄センター南駅下車。
駅からすぐの横浜銀行港北ニュータウン南支店様の月替わりのロビー展示。

 

6月の一カ月間は、大手カメラ製造会社を退社されたのち、写真を撮る側として四季折々の作品を手がける小木曽様の作品です。

 

トレッキングツアーに参加して雄大な山々に感銘を受けたことから、山岳写真も撮るようになり、標高8000m越えのヒマラヤの峰々14座の素顔の一瞬をカメラに収めたい・・・と決めたのは70歳の時。

小木曽様のプロフィールより部分的に抜粋させていただきました。

 

8年間の時を費やした7回にも及ぶ遠征で、ネパールからパキスタン2500キロの山麓の景色や、そこで生活する人々の姿が素晴らしい写真作品として鑑賞することができます。

 

写真撮影された場所と場所のルート説明や、そこでの歴史話やドキュメンタリー風な出来事の記録も見ごたえがあります。

 

星空、雪山、壮大な景色に心奪われます。

 

作者の小木曽様(中央)、横浜銀行港北ニュータウン南支店支店長富井様(左側)と副支店長村木様(右側)。

いつも撮影のご協力ありがとうございます。

小木曽様の「8000m峰14座-煌めきの刻-」の写真作品の展示は6月30日㈫まで。

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

 

 

幸せのリース作り

季節は春ですが、今年の春は少し消極的な春。

でもいつも通り、月替わりのロビー展示は今月も元気に新しい作品が並びました。

横浜市営地下鉄センター南駅下車。

駅からすぐの横浜銀行港北ニュータウン南支店様の月替わりのロビー展示。

入り口からATMを右に見ながら窓口の方に向かいますと、左側の壁に飾られましたのは「幸せのリース」と題されたパッと目を引くリース。

 

「リースは幸せを呼ぶ」という言い伝えがあり、現在では各家庭で玄関などに飾る方も多いのではないでしょうか。

手軽に作れて、好みのインテリアでお部屋の装飾にもなるリースは人気です。

作ることと飾ることで幸せを呼び込むなんて素敵なことですね。

手作りの良さをぜひ間近でご覧になってみてください。

今月のロビー展示作者は最後になり申し遅れましたが、いつもこの記事を書かせていただいています寺田でございます。

1カ月の間、見てくださった方が少しでも心温まるものを感じていただけましたら幸いです。

 

「幸せのリース」展示は4月30日㈭まで。

ゴールデンウイークなどご覧いただけない日もありますが、平日の窓口営業時間中にどなたでもご覧いただけます。

 

 

 

 

目指すものがあるという強さを

早くも今年3回目のロビー展示は「春」・・・

どの作品もなんだかウキウキ・ソワソワ、見る者が楽しい何かを思い巡らしたくなる、その作品の中に入り込んでみたくなる作品。

明日3月2日㈪からはじまります横浜市営地下鉄センター南駅下車

横浜銀行港北ニュータウン南支店様のロビー展示。

3月は都筑区にお住まいの笹尾様のアクリル画の数々。

アメリカの画家の作品に感銘を受け、魅了され自ら筆を執り、グループでの作品展や制作活動など、お勤めの傍ら活動をしていらっしゃるそうです。

繊細で緻密な作風に見る、お人柄の優しさと、目指すものがあるということの強さを感じます。

一作品一作品凝った構図とフレーム選びにもご注目ください。

作者の笹尾様右側と、横浜銀行港北ニュータウン南支店副支店長小林様

撮影のご協力ありがとうございました。

笹尾様のアクリル画作品展示は3月31日㈫まで。

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

 

 

ポスター画展示と展示部門の作品紹介

毎月のロビー展示に代わりまして今月2月は特別展示です。

つい先日終了しました第24回都筑区民文化祭。

開催に当たって広く募集しましたポスター画の、優秀賞と最優秀賞の作品が展示されています。

素敵な作品をありがとうございました。

細かくて手の込んだ絵に、作者の方の都筑を愛する想いが感じられます。

ぜひ実物を直にご覧ください。

横浜市営地下鉄センター南駅下車

横浜銀行港北ニュータウン南支店様のロビー展示は2月28日㈮まで

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

そして今回はさらに特別に、スペースに空きがありましたので、みなさんにもっと文化祭展示部門について知っていただこうと実行委員の作品も飾らせていただきました。

展示部門には

*花

*写真

*絵画・文芸

*工芸①

*工芸②

*書道

あわせて6種類のジャンルがあり、それぞれ都筑区にお住まいの、または通勤・通学、都筑区で活動していらっしゃるみなさんのどれも力作揃いの作品が、約2週間にわたってセンター南の都筑区合同庁舎内区民ホールにて展示されます。

参加方法や参加費など、詳細は毎年9月頃に募集がはじまります都筑区民文化祭募集要項にてご確認ください。

次回は第25回目の節目の年となります。

都筑区に関係のある方で、何か手作りの作品制作をされていらっしゃる方、趣味でもそれをお仕事にされている方でもどなたでもご参加いただけます。

ぜひ次回、第25回都筑区民文化祭はみなさんの手で作り上げていきましょう!

いつも写真撮影にご協力いただきありがとうございます。

行員の方、都筑区役所地域振興課担当者様、実行委員のみなさん。

笑顔が素敵です。

 

2月のロビー展示は特別展示

第24回都筑区民文化祭開催に当たり募集しましたポスター画と、展示部門の作品紹介は2月28日㈮まで

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

 

 

第24回都筑区民文化祭<第3期>工芸①・書道

昨日2月2日を持ちまして

第24回都筑区民文化祭は無事終了しました

たくさんのご来場・ご鑑賞・ご参加ありがとうございました

最後のジャンルは第3期工芸①と書道

工芸①は主に陶芸などの土製品と、木工製品のバードカービング作品

個人参加のクレイ粘土の作品もありました

先ずは花器や壺、小皿と大皿の食器セット、時計などのインテリア作品も並ぶ陶芸のグループ展示

手作りの器はとても暖かみがありますね

やはりグループ展示でのバードカービング

木の塊から作品になるまでの過程も実物と一緒に展示されていました

書道作品は額装作品に掛け軸作品

立派な展示の数々が鑑賞できました

今回はお子さんの作品も多数展示されていました

書道といっても筆で書いた文字を掘って作品にする篆刻作品も

まさに手作りの極みは花びら1枚1枚までクレイ粘土で作られた桜の木

どの作品も、作り手の熱い思いが伝わってくるようでした

 

第24回都筑区民文化祭

展示部門は夕方に、実行委員をはじめお手伝いの方々にご協力いただき無事終了しました

舞台部門の方は、夕方からの都筑公会堂での舞台演舞がはじまりとても賑わっていました

舞台部門のレポートは 都筑区民文化祭 Facebook にてどうぞご覧ください

 

 

 

 

第24回都筑区民文化祭<第2期>絵画・文芸・工芸②

横浜市都筑区民が作り上げる冬のイベント

第24回都筑区民文化祭

折り返しの第2期の展示も無事終了しました

水彩画や、ちぎり絵やペーパーコラージュなどの細かい手作業から作られる作品

押し花の美しい作品には思わず見入ってしまいました

また、俳句や短歌、詩といった文芸作品も展示されました

工芸②では、いちばんにご来場のみなさまの注目を浴びていました水引工芸作品

水引の新しい作品の世界観を感じる展示でした

自然素材で作るドライフラワー作品

編み物や造花で作るフラワーアレンジ、ペーパーフラワーもその存在をアピールしていました

細かい刺繍を施して作る作品には、手仕事の素晴らしを感じます

現在開催中の第24回都筑区民文化祭

センター南の都筑区合同庁舎内区民ホールにて展示部門の作品をご覧いただけます

展示作品は28日火曜日午後から<第3期>工芸①・書道の作品に入れ替わりました

2月2日日曜日まで、工芸①では陶芸作品、バードカービング・・・木彫りの小鳥作品、クレイ粘土作品など

書道では立派な掛け軸や今回はお子さんの作品なども展示されています

区民ホールは通路としても利用されていますので、夜遅くまで、どなたでもご鑑賞いただけます

 

 

 

 

第24回都筑区民文化祭<第1期>写真・花

先週の土曜日、1月18日からはじまりました

第24回都筑区民文化祭

23日木曜日の午前中をもちまして早くも展示期間が終了します

22日水曜日のレポートをダイジェストでご紹介いたします

都筑公会堂手前の柱に飾られました迎え花が満開です

色とりどりのアルストロメリアが咲き誇っています

花部門のみなさんの作品はどれも優雅で美しさを競い合っているかのように

テーブルに置かれた作品、地面に置かれた作品

観る者の目を奪ってしばし離しません

写真部門のみなさんも、時代を感じるものや何かを問いかけているよう作品・・・

同じく言葉を発しなくても、そこから湧き出るエネルギーは花も写真もその魂の強さを感じます

パネル展示とテーブル展示が見事に調和しています

約6日間という短い期間でしたが、精一杯そのお役目を発揮してくれたことでしょう

写真・花の展示は23日木曜日午前中いっぱいご覧いただけます

午後からは第2期

絵画・文芸・工芸②の展示がはじまります

そのあと28日火曜日午後からは、次は第3期へと続きます

第24回都筑区民文化祭は2月2日日曜日まで開催しています

区民ホールの展示と並行して、土曜日と日曜日には都筑公会堂で舞台部門の発表も行われています

舞台部門の詳細はこちらでぜひご覧ください

都筑区民文化祭 Facebook

 

 

 

 

まるで広告のポスターのような・・・

今月のロビー展示はセンス光る都会の雰囲気のイラスト作品。

都筑区在住、フリーのイラストレーターとしてご活躍のかわあい様。

繊細なタッチでありながらも大胆なレイアウトで、まるで旅行雑誌のページをめくっているかのような構成。

適度な説明として配置された文字そのものもイラストの一部となって、見る者にその心地よさを与えてくれるような作品です。

ぜひ他の作品も拝見したいですね。

横浜市営地下鉄センター南駅下車

横浜銀行港北ニュータウン南支店様のロビー展示

ハイセンスなかわあい様のイラスト展示は1月31日㈮まで

平日窓口営業時間中にどなたでもご鑑賞いただけます。

 

 

 

 

第24回都筑区民文化祭ポスター画

第24回ポスター画最優秀賞
向井 亜由美さん

サイト管理

訪問者 (累計): _ (since 2012年6月14日)